タイトル:畑信也、美幸ご夫妻 インタビュー(第1回)

畑信也、美幸ご夫妻、九州地区で初めてのプロテインマイスターに!
しかも、ご夫婦で取得されました!!!

ご主人の信也さんはビーチバレーの元トップ選手、今でもいろいろなスポーツに関与されています。今回は信也さんに、プロテインマイスター取得前後での意識の変化について伺いました。

日本プロテイン協会スタッフ(以下「P」):プロテインマイスターって聞いて、第一印象はどう思いましたか?

畑信也さん(以下「信」):プロテインに関して、きちんとした知識をつけていくための資格だと思いました。
僕もプロテインは飲んでいましたけど、実は詳しくは知らないところもあったのですね(笑)。

ですので、プロテインマイスターの資格を取る過程で、プロテインに関してきちんと学び、
いろいろな種類のプロテインの特徴や良さを理解できてよかったと思っています。

:信也さんは、選手時代や学生時代、プロテインについて勉強する機会や自分で勉強しようと思ったことはありますか?

:なかったですね(笑)。
プロテインに関しては、人から聞いたり雑誌を読んだ時に知識を得るくらいしかありませんでした。自分から進んでプロテインについて知識を深めようと思って勉強する事はありませんでしたね。

:今回実際にプロテインについて学んでみて、初めて気づいたり、現役時代に知っておいたほうが良かったことはありますか?

:だいたいは分かっていて、実践していたこともありましたけど、プロテインの中のタンパク質の含量とか脂質や糖質の割合は知りませんでしたね。
どのタイミングでプロテインを摂った方が良いかなど、現役時代に詳しく分かっていれば、もう少し自分の体をケアして、体調をしっかり回復させ、翌日の練習やトレーニングに活かせたのかな、というところはあります。

:プロテインマイスターの資格や勉強したことは、今後のご自身の活動を含めて今後に役立ちそうな感じはしますか?

:現在、ビーチバレーの方は指導者に転向していこうかなと思っています。
また、理学療法士として病院で働くことも考えています。
自分の新しい人生プランとしても、スポーツに携わりたいという気持ちはありますので、プロテインマイスターの知識はいろいろなところで活かせると思っています。
現役の高校生や大学生を見ることが多いので、成長期に合わせた栄養の取り方やプロテインの取り方をきちんと指導したい、と思っています。

:実際に現役の選手や学生と会っている時、プロテインやサプリメントの話になることありますか?

:ありますね!
ただ、プロテインは結構とっているけど、やっぱり味のことしか話をしないので、もっと詳しいことも話すようになるといいと思います。
毎日どれだけのタンパク質が必要で、足りているかどうか、などという話もできたらいいなと思います。
私自身は、ビーチバレーの選手としては、グリコ・パワープロダクションのサポートを受けていたので、その時に必要なプロテインやアミノ酸の提供とアドバイスを受けれたので、これからは私自身が、指導者としてアドバイスできるように取り組んでいきます!

これまでも、そして今後も、スポーツに深く関与されていく畑信也さん。
指導者としてのさらなるご活躍をお祈りするとともに、ぜひ今後の活動も共有化頂き、
他のプロテインマイスターの皆さんの目標となって頂くことを願っています。

次は、奥さんの畑美幸さんのレポートです。お楽しみに!