タイトル:畑信也、美幸ご夫妻 インタビュー(最終回)

畑信也、美幸ご夫妻、九州地区で初めてのプロテインマイスターに!
しかも、ご夫婦で取得されました!!!

アスリートとして、またご家族の食事を作る主婦としての立場として、お二人に
プロテインマイスターについて語って頂きました。

日本プロテイン協会スタッフ(以下「P」):お二人の普段の1日の食事のスケジュールを教えて下さい。

美幸さん(以下「美」):6時に起きて6時半に朝食を摂ります。
オートミールとヨーグルトとフルーツが多いです。
朝食を摂った後に、主人は子供たちを7時半に保育園に連れていってくれます。
主人は、その後、8時に理学療法士の学校に行って12時まで授業を受けています。
12時くらいに学校のお弁当を食べて、5時に保育園のお迎えに行ってもらって、
6時にお風呂に入れてもらってますね。

畑信也さん(以下「信」):夕ご飯は、大体7時には終わっています 。

:私も朝は、6時半から7時の間にご飯を食べて、12時〜1時くらいにお昼ご飯を食べて、6時にみんなでご飯を食べてます。
お腹がすいたら、プロテインを飲んだりナッツを食べたり。
飲み物は、最近アーモンドミルクや豆乳にするようにしました。
プロテインマイスターに影響されまくってます(笑)。

:信也さんは、以前と比べると活動量や運動量は減っていると思います。今、高タンパク低脂質のお食事にしてみて、ご自身のコンディションはどうですか?

:一昨年と比べて、去年はほとんど試合は出ずに、体を作ることだけ考えていて、トレーニングばかりしていました。
なので、ビーチで練習するよりもジムで体を鍛えていました。
去年はプロテインを摂らずにトレーニングをしていた時期でした。
今年に入って、プロテインマイスターの知識を学びプロテインを摂るようになり、去年と比べて次の日の疲労度が全然違う日があったことを実感しました。
食事に関しても、栄養を考えて摂ることで、トレーニングの効果や効率が良くなることを実感しています。

:学生さんにも指導する時があるとおっしゃっていましたが、何をお伝えしていますか?

:自分の中での良いパターンが出来たらそれを伝えていこうと思います。
今は自分の引き出しを増やしている感じです。

:プロテインマイスターはこんなことに役に立つと思うところを教えてください。

:理学療法士を目指していますが、今は高齢化社会ですので、健康寿命を延ばすにも、高齢者の方々にたんぱく質はきちんと摂ってもらうことが大事だと思います。
アスリート以外にも、色々な人にプロテインを勧めたいと思いますし、ぜひ摂った方がいいと思います。
私が現役時代愛用していたし、美幸もそうなんですが、夫婦揃って、グリコ・パワープロダクションの大ファンなので、これからはマイスターの知識と共に、多くの人にパワプロを勧めていきたいと思います!

:高齢者も大事ですが、私は産後のママにお勧めしたいです。
産後1ヶ月は、運動ができなかったり、外に出られなかったりと、いろいろな制約があって、凄くストレスが溜まる時期なんです。
そういう人たちに、少しでも運動してもらって、プロテインを摂る事で、自分の体をリセットしてもらえればいいなと。
子供と一緒に出来るようなトレーニングも沢山あるから、そういうのを一緒にやりながら、きちんとプロテインも摂る。
プロテインを摂ったら実感できることも分かりました。
プロテインは体を作るのに1番大事なものだから、だから産後のママにも子供にもとても勧めたいと思います。

:ありがとうございます。

プロテインマイスターを取得され、その知識を様々なことに活用している畑ご夫妻。
ぜひ今後も、お二人の活動が広まっていることを期待しております!

この度はお忙しい中、インタビュー、本当にありがとうございました!!!